アフィリエイターが薬事法違反で逮捕される可能性はあるのか

こんにちは。

もしアフィリエイトで健康食品や化粧品、サプリメントを取り扱うなら、薬事法には結構注意したほうが良いです。

 

私もアフィリエイトを6年くらいしていますが、今のところアフィリエイターが薬事法違反で逮捕されたという話は聞きません。

ただしそうだったとしても、ひどい薬事法違反は広告主の方から指摘が入ったり、場合によっては提携解除になるケースもあります。

(そしておそらく、私たちを逮捕しようと思えばいつでも逮捕できると思います(笑)

最近のアフィリエイトの薬事法違反対策

最近だと、A8なんかにもプログラムの詳細画面で「このプログラムの説明文はアフィリエイター向けに書いてあるものだから、サイトを作るときは薬事法を意識してね」と書いてありますよね。

また私が提携しているプログラムでも、アフィリエイターに薬事法違反の疑いがないか見直すように指導が入っています。

↑この2つ目の写真に書かれているような、医薬品を否定からの紹介したい商品を紹介というのは、確かに売れちゃうんですよね。

医薬品は効果がある一方で副作用があるのが当たり前なのですが、その副作用を物凄く誇大して脅して、副作用のない(しかし効果もないかもしれない)サプリメントや健康食品を売る方法はかなり効果的で、ついついやってしまっているアフィリエイターも多いです。

(ちなみに健康食品を「効果がある」といった時点でアウトです)

 

そういう事もあって、ひどい?というか真面目な広告主の場合、「一度すべての提携しているアフィリエイターとの提携を解除して、その後もう一度提携を申し込んでもらった際に厳しく薬事法違反の疑いがないか審査し、合格したアフィリエイターのみ提携する」というかなり面倒なケースもあります。

いずれにせよ、薬事法違反は犯罪なので私たちアフィリエイターは従うしかありません。

それに薬事法違反は読者の命に係わる場合もありますからね(アフィリエイト広告プログラムには癌に関連するものもありますし)。

私たちアフィリエイターがあまり適当なことを言っていると、また国がGoogleに注意して、結局私たちの首を絞めることになりますから。

お問い合わせ

アフィリエイトに関する事であればお答えいたします。

>>お問い合わせはこちらをクリック<<

私の戦略をそのまま公開中