アフィリエイターの再就職先にはこんなパターンがある

2017年以降、色々あってアフィリエイターを引退された方が沢山います。

また今はアフィリエイトで稼げていでも、(俺もこの先どうなるかわからん)と肝を冷やしている人もいるかもしれませんね。

結論から言うと、アフィリエイターの経験は就職活動でも役に立ちます。

アフィリエイターの経験が役に立つ再就職先は結構ある

私がよく聞くのが、私たちがいつもお世話になっているASPへの就職ですね。

実際わたしはASPで勤めている方と話す機会があったのですが、

  • 個人でアフィリエイトして稼げなかった人
  • アフィリエイトをしていて稼げていたけど、飽きた人

などが、ASPに採用されて雇われとして働いているという話をよく聞きます。

彼らは主にアフィリエイトの法人営業をしている方が多いみたいですね。

 

また、例えば株式会社ネットフロンティアみたいに「アフィリエイター採用」というものを実施している企業も結構あります。

しかもこの会社、アフィリエイトが未経験の場合でも他の条件次第ではOKとのことなので、アフィリエイトで稼げていない人でも”アフィリエイトに興味をもち始めてみたこと”が評価されるのかもしれません。

アフィリエイター採用としては、アフィリエイトサイトを作るディレクターとしての採用が多いみたいです。

 

アフィリエイターはマーケティング、SEO、ライティングなどの幅広い知識を持っていますし、何よりコツコツと地味な作業ができる人材という事で、再就職の際もそれほど困らないんじゃないでしょうか。

もちろんアフィリエイターは一般的にプログラミングが出来るなど”ウェブスキル”があるわけではないので、技術職としてIT企業に再就職するのは難しいとは思います。

 

いずれにせよ副業スタートのお仕事としては、トレーダダーや転売ヤーよりは再就職しやすいのがアフィリエイトだと思います。

もし本当にピンチになったら、「求人ボックス.com」などでもアフィリエイト関連の求人は1000件以上ありますので、ぜひ探してみてください。

お問い合わせ

アフィリエイトに関する事であれば、何でもお答えいたします。
今、狙い目のジャンルも紹介しています。

>>お問い合わせはこちらをクリック<<

私の戦略をそのまま公開中


今から参入して稼げるジャンルの見極め方
ライバルがいないキーワードの見つけ方
深くユーザーの気持ちがわかるリサーチ方法
成約しやすい記事の書き方のひな型
比較記事・レビュー記事の書き方
記事のタイトル・見出し等の決め方
より報酬が上がるサイトデザイン
サイト完成後の運営方法
コピーライティングのテクニック

を、具体的なサイトやキーワード資料と共に公開してます。

現在、サンプルをダウンロードできます!

>>詳しくはこちら<<